記事一覧

11月です。

11月に突入しました。願書の提出は無事に済みましたかor準備は十分でしょうか?

以前大手の予備校でバイトをしていたことがありますが、予備校生の表情は春ごろと秋以降で全く変わります。春ごろはまあ、誰しも気楽そうなものです。秋以降の予備校生というのは鬼気迫るものがあり、それは看護専門志望でも変わりません。

それゆえに精神的にも追い詰められ始めてくる時期です。

そういった時の考え方はいろいろあります。

成功した時のことをイメージしたり、自分ではなく支えてくれている誰かのことを考えたり。

通じて言えることは、プレッシャーから目をそらすのではなく、それを力にするべきということです。

それでもキツさは緩和されませんが、ある程度腹を括らなければならないのも事実です。

「千差万別の悩みに対してできることは二通りだけ」「できることといったら行動“する”か“しない”を選ぶくらい」「だから頭かかえて当然」というのは、僕の好きな有名ゲームからの引用です。何のゲームかわかりますかね?(笑)

私の場合は人生の節目節目でそういった言葉が力になりました。みなさんを最後に支えてくれるものは、何でしょうか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント