記事一覧

数学の勉強(3)

こんにちは。
岡山看護医療予備校の梶田です。

これから勉強を始められる方は、まずは中学校範囲の計算を勉強してくださいということをお伝えしました(前回、前々回で)。では、次に取り組んでいただきたいのが「関数」です。ちょっと本格的になってきましたね。数学の苦手な方には、あまり心地よい言葉ではないと思います。ただ、基礎がしっかりと身についていない状態で、高校範囲の関数をいきなり勉強しても、書いていることすら理解できないと思うので、まずは中学校範囲から頑張ってください。ただし、すべてやる必要はありません。中学校範囲では、中1で「比例・反比例」、中2で「1次関数」、中3で「2次関数」を行いますが、このうちで勉強が必要なのは中2の「1次関数」だけです。さらに文章系の問題も不要です。必要なのは高校入試問題を解くことではなく、高校数学を勉強する基礎づくりですから。

・式からグラフを書く
・グラフから式を求める
・条件から式を求める
・グラフとX軸またはY軸との交点の座標を求める
・2直線の交点の座標を求める
・直線で作られる図形(三角形や四角形)の面積を求める
・上記の総合問題

このあたりができるようになれば大丈夫です。

まだまだ序盤戦ですが、1歩1歩、前へ進んでいきましょう!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント