記事一覧

男子看護学生

開校して2年、なぜか当塾は男性の学生に多く通ってもらっています。

そこで今回は看護学校の男性の募集について
今年度は特に男性が受かりにくいのではないかと感じることが多くありました。

関西圏の某看護専門学校では定員の1割程度しか募集を行っていないとのこと。

医療系の大学出身の塾生に聞いてみると実習先の受け入れが関係しているのではとか。
看護師という職業において性別の壁はまだまだ厚いようです。

当然のことながら、上記のことは看護学校の募集要項には書かれていません。
「男性の受け入れ枠は女性より少ないです!」なんて書いた日には苦情の電話が殺到しますね。

われわれにできることと言えば入試で他生徒よりも1点でも多く得点することです。
極端な話、入試で満点を取れば性別が何であれ合格します!

(多分)どこよりも早い2019年度入試対策始動準備中です
お問い合わせはこちら

コメント

コメントの投稿

非公開コメント