記事一覧

11月です。

11月に突入しました。願書の提出は無事に済みましたかor準備は十分でしょうか?以前大手の予備校でバイトをしていたことがありますが、予備校生の表情は春ごろと秋以降で全く変わります。春ごろはまあ、誰しも気楽そうなものです。秋以降の予備校生というのは鬼気迫るものがあり、それは看護専門志望でも変わりません。それゆえに精神的にも追い詰められ始めてくる時期です。そういった時の考え方はいろいろあります。成功した時の...

続きを読む

もうすぐ7月です

早いもので、今年ももう7月に入ろうとしています。2020年がちょうど半分、終わろうとしているということですね。短い期間で多くのことが変わってしまい、あるいは、変わろうとしています。予断を許さない状況ながら、少しづつ社会が冷静さを取り戻しつつある中で、「緊急時だからしかたない」と判断を後回しにしていた社会の歪みが、これから一斉に軋みはじめるのではないかと、漠然と感じてしまいます。中でも医療は、特に大...

続きを読む

頭痛

今回は勉強に関係があるようなないような、それでも該当する方にとっては非常に重要なお話。そのテーマとは「頭痛」です。自身が「頭痛持ち」という自覚がある方は多いでしょう。頭痛の種類や程度にもよるのですが、頭痛持ちの日常というのは、常に自身の体調を気にしながらの戦いの日々です。勉強、学校、仕事、全てに影響があるので、酷い頭痛を持っている人にとっては永遠のテーマだったりするのです…。まず、ありふれた対応策...

続きを読む

独り言

「15歳で学問を志す」「30歳にして立つ」「40歳にして惑わず」有名な言葉なので知っている方も多いでしょう。論語ですね。2000年以上前の言葉です。この言葉の序盤部分が昔からずっと心に刺さっていました。30にして立つとは「自立する」だとか「精神的な立場が確立する」という意味で捉えられますが、現代では、もっと早くに一定の”答え”を求められる、と感じていたんです。自分が何者かも判らないままに答えを出さざ...

続きを読む

大分人の往来が戻りましたね

今日は完全に日記です…。岡山看護医療予備校は、岡山駅から歩いて10分ほどの場所にあります。窓から何気に外を見ていると、道行く人たちや車がよく見えるのですね。そうしていると、岡山の人たちの意識が徐々に変化していく様がわかることに気づいてしまいました。もともと通行人の多い場所です。二か月ほど前は、行き帰りにすれ違う人数も多く、平和なものでした。「大阪大丈夫なのかな?」と呑気に言っていたような気がします。...

続きを読む